コンテンツにスキップする

ルービニ教授:ギリシャは直ちに債務再編を、デフォルト不可避-FT

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授は、ギリシャが単なる流動性危機ではなく、国家財政破 たんの危機に直面しており、デフォルト(債務不履行)は不可避だと 指摘した。その上で、それが実際に起きる前に公的債務の秩序ある再 編を直ちに行う必要があると訴えた。英紙フィナンシャル・タイムズ に寄稿した。

ルービニ教授は、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)による 緊急融資の条件として合意した緊縮財政によって、ギリシャのリセッ ション(景気後退)が長引き、公的債務の国内総生産(GDP)比率 は2016年までの間、148%の水準にとどまると予想した。

さらにIMFによる支援では最終的なデフォルトを回避できず、 財政破たんの打撃が一段と大きなものになる恐れがあると警告。デフ ォルトを想定してあらかじめ債務再編を実施することで、欧州の金融 機関が被る損失を抑えることもできると付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Ben Livesey at +1-415-617-7178 or blivesey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE