コンテンツにスキップする

中国景気先行指数、5カ月ぶりの低い伸び-計算ミスでデータ修正

米民間調査機関コンファレン ス・ボードは29日、中国の4月の景気先行指数を修正、この結果4 月の同指数の伸びは過去5カ月で最小となった。これを背景に中国株 は急落、過去1カ月余りで最大の下落を記録した。

コンファレンス・ボードは中国の4月の景気先行指数を前月比

0.3%上昇と、6月15日に発表した1.7%上昇から修正した。コン ファレンス・ボードが電子メールで発表した文書によると、前回の発 表には計算間違いがあった。

中国経済の見通しが下方修正されたことで世界の景気回復が腰 折れする可能性があるとの懸念が広がり、アジアと欧州の株式相場は 下落した。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)の新興市場担当シ ニアストラテジスト、ブライアン・ジャクソン氏(香港在勤)は、中 国の第1四半期経済成長率は年率11.9%と過熱化の恐れがあったと して、「中国である程度の緩やかな成長がみられるというのは、様々 な意味で歓迎すべき状況だ」と指摘した。

中国株式市場の上海総合指数は現地時間午後4時25分現在で

4.3%安。MSCIアジア太平洋指数は1.4%下落。ストックス欧州 600指数も1.7%安。

--Sophie Leung, Li Yanping. Editors: Chris Anstey, Cherian Thomas

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事についての記者への問い合わせ先: Sophie Leung in Hong Kong at +852-2977-6126 or sleung59@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

%CNY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE