コンテンツにスキップする

シティ会長:米大手銀行は一段と規模拡大の公算-金融規制改革で

米銀シティグループのリチャード・ パーソンズ会長は、オバマ政権の金融規制改革法案は米大手銀行の規 模拡大につながるとの見方を示した。

同会長は28日、ケープタウンで開かれたフォーチュン世界フォ ーラムでインタビューに応じ、同法案は「規模の小さい銀行をより困 難な状況に追い込み、大手銀行は一段と拡大する」と語った。さらに 金融改革は「一段と規制が入り組んだ環境」につながるものの、シテ ィの成長戦略に何ら「重大な障害」を与えるものではないとの見解を 示した。

オバマ大統領は先週、大恐慌以来で「最も厳しい金融規制改革法 案」を通過させつつあるとして米議員を称賛。法案はデリバティブ(金 融派生商品)市場の規制を強化し、銀行の大部分の自己勘定取引を禁 止する内容となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE