コンテンツにスキップする

【個別銘柄】輸出、エルピダ、資源、海運、ライトオン、東製鉄、グリ

株価変動材料の出た銘柄の終値は 以下の通り。

輸出関連株:日立製作所(6501)が前日比2.7%安の328円など安 い。住宅や製造業、雇用など米国の重要経済指標の発表が迫り、リスク 許容度の低下から円が急伸。対ドルで約1カ月半ぶりの高値となったこ とで、輸出採算悪化への警戒が高まった。トヨタ自動車(7203)は52 週安値を更新。

エルピーダメモリ(6665):4.2%高の1363円と6営業日ぶり急反 発。過去5営業日では23%安と、TOPIXミッド400指数のワース ト・パフォーマーだった。みずほインベスターズ証券の石田雄一アナリ ストは、「業績自体は好調」なため、見直し買いが入ったとの認識を示 した。「米の新学期商戦でのパソコン需要を受け、DRAM価格が7月 に持ち直すかどうか」などが株価動向のカギになる、と指摘。

資源関連株:国際石油開発帝石(1605)が3.8%安の49万3500円、 三井物産(8031)が3.2%安の1075円など安い。28日のニューヨーク 原油先物8月限は前営業日比0.8%安の1バレル=78.25ドルと反落。 メキシコ湾での原油生産が熱帯性暴風雨の影響を受けないとの見方から 売りが優勢になったためで、市況改善期待が後退した。東証1部鉱業指 数は業種別下落率で首位。

海運株:日本郵船(9101)が1.5%安の329円など総じて下げた。 ばら積み船の運賃指標となるバルチック・ドライ指数が28日に22日続 落し、08年11月の22日続落記録に並んだ。市況が下げ止まらないこ とから、業績に対する不透明感が強まった。

通信株:KDDI(9433)が0.2%高の42万6500円、NTT (9432)が1%高の3660円など。相場全般が崩れるなかで、東証1部 情報・通信指数は33業種中上昇率1位だった。三菱UFJモルガン・ スタンレー証券は28日付で、通信セクターに対する「オーバーウエー ト」を強調した。新たなデバイスの登場による数量効果の拡大などによ り、長いトンネルから同業界が抜け出す可能性があると指摘している。

グリー(3632):4.4%安の7150円と大幅安。「GREE Platform」 を利用したモバイル版ソーシャルゲーム第1弾を、ソーシャル・ネット ワーキング・サービス「GREE」で公開した。サービス開始への期待 から株価が前日に上場来高値を更新するなど先行して上昇していただけ に、当面の好材料が出尽くしたとの見方から売り圧力が強まった。

ライトオン(7445):11%安の615円と東証1部値下がり率1位。 需要を取り込んだ商品の提案が十分できずに販売低迷が続いており、28 日に2010年8月期業績予想を下方修正した。店舗閉鎖損失などの特別 損失計上もあって、最終損益は6億円の黒字から一転して9億8000万 円の赤字を見込むこととなったため、業績悪化懸念の売りが先行した。

東京製鉄(5423):4.1%高の1054円。同社が国内自動車部品メー カー向けに自動車用鋼板の納入を開始するとの26日付の日本経済新聞 報道を受け、クレディ・スイス証券では、将来的な販売数量拡大につな がる可能性が高いと分析。国内鉄鋼メーカーの中で最も成長力のある会 社になると考えられるとし、28日付で投資判断「アウトパフォーム」 を強調した。

ウェザーニューズ(4825):14%高の1208円と東証1部値上がり 率2位。重点事業である交通気象やモバイル・インターネット事業の売 り上げが伸び、10年5月期の連結営業利益はその前の期に比べて7.1% 増の22億7700万円と過去最高益を更新した。重点事業への取り組みを 継続、今期は前期比19%増の27億円を見込む。

佐鳥電機(7420):8.6%高の721円と東証1部値上がり率3位。 10年5月期の連結純利益は従来予想9億円を上回る11億円となったも よう(その前の期は9億3600万円の赤字)と28日に発表した。海外パ ソコンメーカーを中心に半導体や電子部品需要が堅調に推移したほか、 為替差益(米ドルに対する台湾ドル安)も利益を押し上げた。10円と していた期末配当予想も15円に引き上げ。

フルスピード(2159):7.5%高の2万7510円。フリービット (3843)が同社を連結子会社化することを目的に株式公開買い付け(T OB)を実施すると発表した。TOB価格は1株2万9000円で、期間 は29日から7月27日。議決権比率50.10%を買い付けの上限とし、買 付代金は21億円。フルスピード株はTOB成立後も引き続き上場維持 される見込みで、TOB価格にさや寄せする展開となった。フリービッ トは5.4%安の25万5000円。

アサヒビール(2502):3.1%安の1528円。1-6月期の連結営業 利益は前年同期比5%増の225億円前後になりそうだ、と29日付の日 本経済新聞朝刊が伝えた。天候不順の影響などで第三のビールをはじめ 国内ビール類の出荷数量が計画に届かず、従来予想の240億円を下回る という。

ボルテージ(3639):8.3%高の3275円と急反発。グリーの「GREE Platform」上での恋愛シミュレーションゲーム「恋人はキャプテン for GREE」の配信を29日に開始した。

トッキ(9813):5.3%高の398円。キヤノン(7751)は28日、10 月1日付で株式交換を実施して同社などを完全子会社化すると発表。ト ッキ1株にキヤノン0.12株を割り当て交付することから、株式交換比 率にさや寄せする格好で上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE