コンテンツにスキップする

NY金:反落、最高値うかがうも達せず失望売り-終値1238.60ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。 最高値を狙う展開となったが失敗し、オンス当たり1260ドル以上を 維持できなかったため、売りに押された。

米商品先物取引委員会(CFTC)によると、ヘッジファンドな ど投機的な投資家の買越幅は22日に終わった1週間に3.6%増加し、 23万8634枚だった。金相場は一時1263.70ドルと、1週間前に つけた最高値1266.50ドルにあと0.2%に迫る場面もあった。

プロスペクター・アセット・マネジメントのレナード・カプラン 社長は、「現在、金に買いを入れているのは投資家だけだ」と指摘。 「投資家は移り気だ」と述べ、金は1230ドルまで下落する可能性が あるとの見解を明らかにした。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場8月限は、前営業日比17.60ドル(1.4%)安の1オンス=

1238.60ドルで取引を終了。中心限月としては21日以来の大幅安 となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE