コンテンツにスキップする

ウォーシュ理事:FRBのバランスシート拡大、厳格な精査が必要

米連邦準備制度理事会(FRB) のウォーシュ理事は、FRBがバランスシートの拡大を決定する場合 には「厳格な精査」を条件にする必要があるとの認識を示した。

ウォーシュ理事はアトランタで講演。講演原稿によれば同理事は、 そうした措置による経済面での利益が、「市場機能の低下や債務の貨 幣化との見方、民間の買い手の締め出し、中銀の信頼性喪失によって 生じるコストに勝る」と確信する必要があると語った。

また、「金融市場のボラティリティ(変動性)が高い水準で続い た場合、民間の設備投資で見込まれる回復は期待外れなものになる恐 れがある」と指摘。「米企業の経営トップらは、長期にわたる一連の 動揺への対応として、設備投資や雇用拡大を先延可能性がある」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE