コンテンツにスキップする

ドイツの銀行:09年は不良債権50%増、10年半ばまで増加か-PwC

欧州の銀行の不良債権は2009 年に増加し、特にドイツの銀行では50%増えた。会計事務所のプラ イスウォーターハウスクーパース(PwC)がウェブサイトにニュー スレターを掲載した。

PwCは「ドイツの大手銀が財務報告書で公表しているデータに 基づくと、不良債権と評価損は09年に大幅に増えた。多くの銀行は 2010年半ばがピークになると見込んでいる」と書いている。

--

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christiane Lenzner at +49-69-92041-207 or clenzner@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE