コンテンツにスキップする

米個人消費支出:5月は前月比0.2%増、所得0.4%増

5月の個人消費は前月比でプラ ス、予想も上回った。

米商務省が発表した5月の個人消費支出(PCE)は前月比

0.2%増。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は

0.1%増だった。5月の個人所得は前月比0.4%増加した。

BMOキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、サル・ グアティエリ氏(トロント在勤)は、「米国の消費者はなお回復力を 維持している」と述べ、「雇用が回復を続ける限り、消費者は支出を 続けるだろう」と指摘した。

貯蓄率は4%に上昇。昨年9月以来の高水準だった。

グアティエリ氏は「米国民は今後も負債の返済を優先し、貯蓄 を増やすだろう」と分析する。

PCE価格指数は前年同月比で1.9%上昇。前月は2%の上昇 だった。食品とエネルギーを除くPCEコア価格指数は前月比では

0.2%上昇、市場予想の0.1%上昇を上回った。

インフレ調整後のPCEは前月比0.3%。4月は前月比ほぼ変 わらずだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE