コンテンツにスキップする

日銀副総裁:金融規制改革の性急な実施は景気回復に打撃の恐れ

日本銀行の西村清彦副総裁は世界の 金融規制は全面的に見直しが必要だとしながらも、「性急な実施」は脆 弱(ぜいじゃく)な景気回復を妨げる恐れがあるとの認識を明らかにし た。同副総裁はまた、金融に関するルールは地域の相違を考慮に入れる 必要があると指摘した。同副総裁の26日の上海での講演テキストが28日 に日銀のウェブサイトに公表された。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE