コンテンツにスキップする

北朝鮮、板門店での米国の兵器増強を「挑発行為」と非難(Update1)

北朝鮮は28日、国営朝鮮中央通信 を通じ、米国が軍事境界線近くの地域に重火器を増強しており、これ は対抗措置を誘発しようとする「計画的挑発行為」だと非難した。

朝鮮中央通信は、北朝鮮軍が兵器増強に関し抗議のメッセージを 送り、兵器の撤去を要求したとしている。板門店の軍事境界線付近で 各種の重火器が現地時間26日午前7時25分(日本時間同じ)に配備 されたという。

北朝鮮は米国側が応じなければ、北朝鮮は「強力な軍事的対抗措 置を講じる」と表明した。詳細には言及していない。

ソウルの米軍報道官へ電話取材を試みたが、コメントは得られて いない。

朝鮮中央通信はまた28日、同国外務省の声明を引用し、北朝鮮に 対する米国の執拗な敵対策に対応するため、「新たに開発した方法」で 核抑止力を強化する必要があると伝えた。オバマ米大統領は、国際社 会が韓国の哨戒艦沈没という北朝鮮の攻撃的な行為に正面から取り組 む必要があると呼び掛けている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Ben Richardson at +852-2977-6467 or brichardson8@bloomberg.net Bomi Lim in Seoul at +82-2-3702-1673 or blim30@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Bill Austin at +81-3-3201-8952 or billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE