コンテンツにスキップする

フィリピン次期大統領、財政赤字削減で「大胆」な目標を-PIMCO

フィリピンのアキノ次期大統領は 経済成長を高めるため、財政赤字削減と投資拡大が必要だと、債券フ ァンド運用大手、米パシフィック・インベストメント・マネジメント (PIMCO)は指摘した。次期大統領は28日にも財務相を指名する。

PIMCOのファンドマネジャー、チアリアン・リアン氏(シン ガポール在勤)は25日のインタビューで、「フィリピンが今後3-5 年以内に投資適格級に昇格できるように新財務相が信頼できる財政再 建計画を示すことができれば、市場への大きな支援材料になるだろう」 と述べた。

フィリピンの経済成長は他の東南アジア諸国に後れを取っている。 同国は過去25年中21年間で財政赤字を記録しており、経済発展に向 けた政府の能力の足かせとなっている。次期大統領は財政赤字を削減 するかについて明言していない。

リアン氏は「政策当局者は公約が過度で、実行力は低いとみなさ れないように、大胆であると同時に現実的なマクロ面のターゲットが 必要だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE