コンテンツにスキップする

中国人民元先物、上昇か-オバマ米大統領が一段の元高見込むと発言

28日の中国人民元先物は、1年半 ぶり大幅高となった先週に続いて、上昇しそうだ。オバマ米大統領が 20カ国・地域(G20)首脳会議閉幕後の記者会見で、一段の元高を見 込んでいると語ったことが手掛かりとなっている。

ウエストパック銀行の為替ストラテジスト、ショーン・キャロウ 氏(シドニー在勤)は「当初はG20首脳会議までに元上昇の大半が終 わり、その後は下落に向かうとの懸念があったため、オバマ大統領の 発言には勇気付けられる」と述べた。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物(ノンデリバ ラブル・フォワード、NDF)は、香港時間午前9時3分(日本時間 同10時3分)現在、ほぼ変わらずの1ドル=6.6802元。先物の水準 は現物が今後1年で1.6%上昇するとの観測を示している。元の現物 相場は先週、0.5%上昇し6.79元で取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE