コンテンツにスキップする

ロンドン証取と海運のシースパン、上海上場目指す-元高の恩恵狙う

ロンドン証券取引所とミラノ証 券取引所を運営するロンドン証券取引所グループ(LSE)と、香 港に本拠を置く海運会社シースパンは上海上場を目指す可能性があ る。中国の内需と元高の恩恵を狙うこうした外国企業の数は増えて いる。

LSEのグザビエ・ロレ最高経営責任者(CEO)は上海での 金融フォーラムで、2011年末までに上海市場に上場したい考えを示 した。シースパンのジェリー・ワンCEOは同フォーラムで、同社 は上海証券取引所が外国企業に門戸を開けば、関心を示すと語った。

HSBCホールディングスとスタンダードチャータード銀行、 NYSEユーロネクストは既に上海上場への意欲を明らかにしてい る。中国人民銀行(中央銀行)が19日、人民元相場の一段の柔軟化 を図る方針を表明してから元上昇の観測は高まり、中国株式市場へ の関心は強まっている。

ゴールドマン・サックス・グループの大中華圏部門の元会長、 フレッド・フー氏は「外国企業が上海に上場すれば、中国の投資家 は貯金の投資先の選択肢を増やすことが可能となる」と説明した。

--Chua Kong Ho, Li Xiaowei. Editors: Allen Wan, Richard Dobson.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net  Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Allen Wan in Shanghai at +86-21-6104-7041 or awan3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE