コンテンツにスキップする

中国とインド、韓国が向こう5年間に最強の競争力維持へ-デロイト

中国とインド、韓国の製造業は向 こう5年間にわたり最も高い競争力を維持する。コンサルティング会 社のデロイトがこうした見通しを示した。

デロイトと米競争力委員会が共同でまとめた「世界製造業競争力 指数」によると、米国と日本、西欧諸国の競争力は今後5年間に低下 すると予想されている。

デロイトの英製造業部門責任者、デービッド・レイストリック氏 は発表文で、「中国とインドはここ数年間に世界製造業のリーダーとし て浮上してきた。今回の調査結果は両国が2010年代を通じて優勢を強 めることを浮き彫りにした」と指摘した。

競争力指数では、米国は中国、インド、韓国に次いで4位。ブラ ジルが5位、日本は6位だった。欧州の国ではドイツの8位が最高。 デロイトは、ブラジルが5年後に米国を抜き4位に浮上し、メキシコ は日本と順位が入れ替わり6位になると予想。一方、英国は現在の17 位から20位に順位を落とすと見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE