コンテンツにスキップする

ロシア、IMFの出資割当額の算定方式変更を要望-大統領顧問

ロシアのメドベージェフ大統領は カナダ・トロントで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議で27日、 国際通貨基金(IMF)の各国出資割当額(クオータ)の算定方式に ついて、発展途上国の利益を考慮して調整する必要があると主張した。 同大統領の経済顧問アルカディ・ドボルコビッチ氏が明らかにした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Simpson at +1-416-203-5726 or jsimpson12@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE