コンテンツにスキップする

ドイツ失業率、来年末までに20年ぶり低水準に-ビルト紙

ドイツの失業率は2011年末までに 過去20年で最低水準まで低下する見通しだ。ドイツ紙ビルト(オンラ イン版)が27日、アリアンツのチーフエコノミスト、ミヒャエル・ハ イゼ氏の話を基に報じた。

ハイゼ氏は同紙に対して、求職者数は10年11月までに290万人 に、11年11月までには280万人にそれぞれ減少するとの予想を示し た。また、欧州の銀行危機と債務危機の悪化が雇用市場にとって最大 のリスクだと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE