コンテンツにスキップする

G8、貧困国の母子健康増進の取り組みに6500億円拠出で合意

主要8カ国(G8)の首脳は、貧困 国の子供と母親の健康増進の取り組みに計73億ドル(約6500億円)を 拠出すると発表した。

議長国を務めるカナダのハーパー首相は「各国首脳は歴史的なコミ ットメントをした。われわれは途上国の女性が死亡したり、妊娠や出産 による障害に苦しんだりすることのない日に向けて取り組んでいく」と 言明した。

同首相によると、拠出金の内訳はG8が50億ドル、ニュージーラン ドやオランダなど非G8諸国が設立する基金が23億ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE