コンテンツにスキップする

ブラジル株:反発、商品上昇や米消費者指数を好感-ペトロブラス高い

25日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が反発。商品相場上昇を受け資源会社の業績見通しが改 善したことや、同国2番目の貿易相手国である米国の消費者マインド指 数が上昇したことが好感された。

ブラジル石油公社(ペトロブラス)は7営業日ぶりに上昇。ニュー ヨーク原油相場が一時3.5%高となったのを受けた。金属相場の指標が 今月の最高値に達する中、ブラジルの資産家エイキ・バチスタ氏が経営 権を持つ鉄鉱石生産会社MMXミネラソン・エ・メタリコスは3.9%高 となった。北米向け輸出が主力の鉄鋼メーカー、ジェルダウも上昇。一 時1.7%安となったものの、米消費者マインド指数の発表を受けて持ち 直した。

ボベスパ指数は前日比1.4%高の64823.83。構成銘柄のうち値上が りは60銘柄、値下がりは5銘柄。今週の騰落率はプラス0.6%だった。 BM&Fボベスパ小型株指数は同1.6%高の1169.16。通貨レアルは3 日続伸し、0.3%高の1ドル=1.7790レアルとなった。

デルテック・アセット・マネジメント(ニューヨーク)で8億ドル 相当の運用に携わるグレッグ・レスコ氏は「ブラジルは成長が卓越して いる」と語った。

25日発表された米国の6月のロイター・ミシガン大学消費者マイン ド指数(確定値)は76.0と、前月の73.6から上昇し2008年1月以来 の高水準。欧州債務危機を受けた株価下落によって消費者マインドが悪 化していない様子が示された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE