コンテンツにスキップする

米上下両院:金融規制改革法案を一本化、来週採決へ

米上下両院協議会は25 日、金融規 制改革法案の一本化で合意した。同法案は大恐慌以来の大幅な改革で、 ウォール街への監視の枠組みが根本から変わることになる。

上下両院の議員らは夜を徹した20時間の協議で、銀行の自己勘定 取引の禁止やデリバティブ(金融派生商品)市場監視について、合意に 達した。破たんが市場を揺るがすような大手機関の整理の手続きやヘッ ジファンドの登録、格付け会社を相手取った訴訟を容易にする措置など でも合意している。

下院金融委員会のフランク委員長(民主、マサチューセッツ州)は 23日、最終協議に入る前に記者団に、「非常に強力な法案だ。大方が考 えていたよりも力強い内容だ」と語っていた。

上下両院案の一本化作業には2週間を要した。法案は今後、両院の 本会議で採決される。議会指導部は来週に採決する方針で、7月4日ま でにオバマ大統領の署名を得て成立する見通し。

法案は消費者保護とリスク抑制、市場に対する脅威発生の監視、規 制当局の緊急権限強化で「大き過ぎてつぶせない」機関の公的資金によ る救済といった事態を避けることが狙い。

上院銀行委員会のドッド委員長(民主、コネティカット州)は23 日、 これらの達成は「大きな成果だ」と語っていた。「ドッド・フランク法 案」と呼ばれることになったこの法案について、その方向が正しいか、 内容が十分かなどにはまだ議論がある。連邦預金保険公社(FDIC) のウィリアム・アイザック元総裁は23日、「改革すべきものを何も改革 していない」と批判していた。

両院議員らが25日朝に合意した法案の骨子は以下の通り。

◎ボルカールール

ポール・ボルカー元米連邦準備制度理事会(FRB)議長が提唱し た銀行に自己勘定取引を禁じる案は、上院側が歩み寄る形で緩和された。 銀行によるプライベートエクイティ(未公開株)ファンドやヘッジファ ンドへの投資は認められる。ただ、ファンドの資金の3%を超えて出資 することはできない。また、銀行の中核的自己資本(Tier1)の3% を超える投資もできない。

◎デリバティブ(金融派生商品)

デリバティブ規制についての最大の争点は、スワップ取引の一部を 銀行から切り離し子会社に移管することを求めることだった。連銀窓口 貸出利用などの優遇を得ている貯蓄金融機関から高リスク業務を切り 離すことが目的。上院農業委員長を務めるリンカーン議員(民主、アー カンソー州)の修正原案は商業銀行によるスワップ取引を完全に禁止す る内容だったが、コスト増大や競争力低下への懸念を理由に反対が根強 かった。

土壇場の交渉によって結局、リスクヘッジのための金利スワップや 為替スワップについては銀行が取引業務を行えることで、全当事者が合 意した。一方、FDICの保険の対象となる銀行は2年以内に、未決済 のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)などを別資本の子会社 に移管しなければならない。

◎消費者保護

法案は、米連邦準備制度理事会(FRB)の下に消費者保護局を創 設し、銀行と金融サービス会社を監視することを定めた。クレジットカ ードや住宅ローンなどで不正行為から消費者を守ることが狙い。

◎金融安定監視委員会

ウォール街の大手金融機関や他の市場参加者を監視し、システミッ クリスクの発生に対応する最上位の規制当局として「ファイナンシャ ル・スタビリティ・オーバーサイト・カウンシル(FSOC、金融安定 監視委員会)を創設する。

◎銀行の自己資本

銀行持ち株会社の自己資本が子会社である銀行を下回ることはで きない。これはトラスト型優先証券(TruPS)の利用に影響する。 資産規模150億ドル以上の銀行は5年間でTruPSを普通株その他 の資本証券に転換しなければならない。2000年以来TruPSによっ て資本を調達してきた地域銀行には20年の猶予が認められた。

◎米連邦準備制度理事会(FRB)

FRBの監督範囲を拡大すると同時に透明性を高める。FRB議長 は新設のFSOCの一員となる。

◎格付け会社

特定の証券について当局が格付け会社を選択する規則については、 米証券取引委員会(SEC)が2年をかけて検討することになった。格 付け会社を相手取った訴訟を容易にする責任条項についても内容が緩 和された。

◎プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社とヘッジファン ド

大規模ヘッジファンドとPEファンドはSECへの登録が義務付 けられ、連邦政府の監視下に置かれることになる。ベンチャーキャピタ ル(VC)ファンドは登録義務を免れた。

◎破たん機関の整理

現在、商業銀行を整理する権限を持つFDICに、破たんが経済を 揺るがすような大手金融機関の整理の権限も与える。

◎リスク移転

一部の住宅金融業者を除く貸し手に、証券化などにより売却する貸 し出し債権の少なくとも5%を自社で保持することを義務付ける。金融 危機の一因となった安易な資金調達・与信拡大を抑えることが目的。

◎受託者義務

株式ブローカーに受託者義務を負わせる案は、SECがそのような 規制変更の必要性を検討することになった。利益相反の情報開示を義務 付けるとともに顧客の利益となる商品以外の販促を禁じる条項は当面、 盛り込まれなかった。

◎保険業界

米財務省の下に、保険業界監視のためのフェデラル・インシュアラ ンス・オフィス(連邦保険局)を創設する。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム Akiyo Kinoshita 木下 晶代 +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara,Tsuneo Yamahiro 記事についての記者への問い合わせ先: Alison Vekshin in Washington at +1-202-654-4307 or avekshin@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Lawrence Roberts at +1-202-624-1985 or lroberts13@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE