コンテンツにスキップする

豪ドル売り・円買いを推奨、リスク回避の動き加速で-UBS

外国為替取引で世界2位、ス イスのUBSは、オーストラリア・ドル売り・円買いを推奨した。 リスク回避の動きが高まる公算が大きいとの見方が理由だ。

UBSは、豪ドルが円に対して1豪ドル=72円まで下落するこ とを見込むべきだとした。金融市場の規制強化や、今月30日に実 施されるドイツの大統領選で与党候補が敗北する可能性、欧州の銀 行に対して来月行われるストレステスト(健全性審査)をめぐる 「不透明感」などを要因として挙げた。

UBSの為替ストラテジスト、ガレス・ベリー氏(シンガポー ル在勤)はブルームバーグに対し電子メールで、「すべての要因か らみて、5月同様にリスク回避が短期的に高まる方向にある」と指 摘し、「長期見通しは豪ドルなどの通貨にとっては明るいものの、 資源通貨に打撃を与える公算が大きい。円が主に恩恵を受けるだろ う」と分析した。

UBSは、豪ドルを77円15銭で売り、79円15銭を超える水 準となったら買い戻すことを勧めた。ベリー氏は、低金利通貨で借 り入れた資金を高利回り資産に投じるキャリートレードのポジショ ン解消で、円が恩恵を受けるだろうとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE