コンテンツにスキップする

中国株(終了):3日続落、週間上昇幅縮小-企業収益の悪化懸念で

25日の中国株式市場で、上海総合 指数は3日続落。経済成長の減速が企業収益を損なうとの懸念から、 証券株と工業株が下げを主導した。

上場証券として中国最大手の中信証券(Citic証券、 600030 CH)は3.1%、海通証券(600837 CH)は1.8%それぞれ下落。 上海市場の売買高が1年半ぶりの低水準となったことが響いた。鞍鋼 (アンガン・スチール、000898 CH)は1.7%、中国最大の建材メーカ ーの安徽海螺水泥(600585 CH)も1.9%値を下げた。

一方、中国最大の国内自動車メーカー、上海汽車集団(SAIC モーター、600104 CH)は1.7%高。世界最大の自動車市場である同国 での事業拡大を目指し、資金を調達する計画が好感された。

好望角股權投資管理(上海)の鄭拓社長は「マクロ経済の不透明 感に加え、企業収益見通しの下方修正が、株式相場を圧迫している」 と指摘。「特に大型株は買い時ではない」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比13.93ポイント(0.5%)安の2552.82。同指 数は今週、中国人民銀行(中国銀行)が元レートの弾力性を高める方 針を示したことから1.6%上げた。上海、深セン両証取のA株に連動 するCSI300指数は同0.8%安の2736.29で取引を終えた。

-- Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Richard Frost

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE