コンテンツにスキップする

今日の国内市況:日本株は下落、債券安-円は対ドルで1カ月ぶり高値

東京株式相場は下落。米国の一部 企業業績が市場予想に届かなかったほか、ギリシャ国債の保証コスト が過去最高に上昇し、世界経済の先行きが不安視された。為替の円高 方向への動きも警戒材料となり、電機や精密機器など輸出関連、ガラ ス・土石製品や鉄鋼、海運といった景気敏感業種中心に下げた。

日経平均株価の終値は前日比190円86銭(1.9%)安の9737円 48銭と反落。TOPIXは同12.47ポイント(1.4%)安の867.30で 4日続落となった。

24日の米国株市場では、スポーツ用品のナイキなどが前日夕発表 した決算や業績見通しが市場予想を下回ったことを受け、消費関連や 素材、エネルギー、金融株などが幅広く売られ、ダウ工業株30種平均 は前日比145.64ドル(1.4%)安の10152.80ドルで終えた。

一方、ギリシャ国債を保証するクレジット・デフォルト・スワッ プ(CDS)のスプレッドは24日、145ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇し1077bpと過去最高を更新。景気回復の足踏みが同国 の債務問題の解決を難しくするとの懸念がリスク警戒感を高めた。欧 州では、24日発表された4月のユーロ圏鉱工業新規受注の伸びが予想 以下にとどまり、前日には6月のユーロ圏のサービス業と製造業統計 で、活動拡大ペースの鈍化も示されていた。

外国為替市場では、リスク回避先として円を買う動きが続き、東 京時間午後には1ドル=89円40銭台、1ユーロ=110円4銭まで前日 比較で円高方向に振れた。収益への悪影響が不安視され、ファナック、 キヤノン、オリンパスが下落。欧州売上比率の高い旭硝子や日本板硝 子などガラス・土石製品株が下げ、世界的な海上荷動きの鈍化を懸念 し、商船三井など海運も安い。三菱商事など商社株も売られた。

東証1部の売買高は概算で18億8921万株、売買代金は1兆2772 億円。業種別33指数は電機や輸送用機器、機械、化学、卸売、不動産、 銀行、鉄鋼など29業種が下げ、電気・ガス、医薬品、パルプ・紙、ゴ ム製品の4業種が高い。騰落銘柄数は値下がり1243、値上がり322。

債券は反落

債券相場は反落。前日に約7年ぶりの低水準まで到達した長期ゾ ーンを中心に現物売りが優勢だった。一方、先物相場は株安を背景に もみ合いとなった。

東京先物市場の中心限月9月物は前日比7銭高い141円13銭で開 始した。株安を手掛かりに141円18銭まで上昇し、中心限月としては 日中ベースで9日以来となる高値を更新した。結局は変わらずの141 円6銭で週末の取引を終えた。

24日の米国株市場は輸送用機器を除く耐久財受注額の伸びが鈍 かったことが嫌気されダウ工業株30種平均など主要な株価指数が下 落。為替相場がドル安・円高気味に推移していることもあり、この日 の日経平均株価が2週間ぶり安値圏で取引されたことが債券先物相場 を支えた。

しかし、午前に現物債に戻り売りが膨らむと、先物相場もいった んは上昇ピッチが鈍る展開となった。9月物は16日に付けた直近の安 値140円20銭から1週間強で1円近くも上昇したことから高値警戒感 もくすぶった。

現物市場で新発10年物の308回債利回りは、前日比1ベーシスポ イント(bp)高い1.135%で始まり、午前には売りが先行して1.15% まで上昇した。しかし、午後に再び買いが入るとその後は1.13-

1.14%に戻して推移している。

308回債は24日午後の取引で1.125%まで低下して、新発10年債 として2003年8月以来の低い水準まで到達したため、朝方には株安の 下でも売りが優勢となった。

来週は、流動性供給入札以外に長期ゾーンの発行がない一方で、 投資家の買い意欲は引き続き強いことなどから、債券需給は逼迫(ひ っぱく)した状態が続くとみられている。

超長期ゾーンには午後に入って買いが優勢となった。20年物の 118回債利回りは午前に0.5bp高の1.89%に上昇する場面があったが、 午後にはじりじりと買い進まれて2bp低下の1.865%まで低下。新発 20年債利回りとしては昨年3月12日以来の低い水準を付けた。その 後は1.875%で推移している。

円が対ドルで約1カ月ぶり高値圏

東京外国為替市場では円が対ドルで約1カ月ぶりの高値圏で推移 した。欧州の財政・金融不安や米国の景気回復鈍化懸念を背景にアジ ア株が軟調に推移する中、リスク回避に伴う円高圧力がくすぶった。

一方、週末に20カ国・地域(G20)首脳会合を控えて、欧州債務 危機への対応や金融規制などの行方を見極めようと、積極的な取引は 手控えられがちだった。

ドル・円相場は前日の海外市場で1ドル=89円23銭と5月21日 以来、約5週間ぶり円高値を付けたが、この日の東京市場でも89円 71銭を日中安値に円が底堅く推移。一時は89円42銭まで円が買われ る場面も見られた。

前日の海外市場では、ギリシャ国債の保証コストが過去最大に上 昇したことや米景気の回復鈍化懸念を背景に欧米株式相場が下落。25 日のアジア株も軟調な展開となり、日経平均株価は前日比190円86 銭(1.9%)安で取引を終えている。

ユーロ・円相場は1ユーロ=110円台半ばを中心にもみ合う展開 が続いた後、午後には一時、110円4銭まで円が上昇。ただ、前日の 海外市場で付けた2週間ぶり円高値(109円54銭)に向けてさらに円 を買い上げる動きは見られず、その後は円が伸び悩んだ。

また、ユーロ・ドル相場は一時、1ユーロ=1.2300ドルを割り込 む場面が見られたが、1.23ドル台前半でもみ合う時間帯が長かった。

中国人民銀行(中央銀行)は25日、人民元の対ドルの中心レート を過去最高の1ドル=6.7896元に設定した。週末のG20首脳会議を控 え、前日の中心レートより0.3%高い水準に設定した。前日の終値も

0.15%上回った。

カナダのフレアティ財務相は24日、G20首脳会合で「鍵」とな る議題は、いかにして成長と赤字のバランスをとるかだと指摘。ドイ ツのメルケル首相は、同会合では経済政策から金融規制に至る幅広い 議題で意見の対立が起きると予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE