コンテンツにスキップする

香港立法会:選挙制度改革案を可決-定数を10議席増加

香港立法会(議会)は25日、選 挙制度の改革案を可決した。同案では普通選挙への道筋を描けないとし た反対派を封じ込めた形となった。

曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官は立法会の定数を10議席増 やし70とする案を提出、賛成46、反対12で可決された。増員分は香 港の有権者320万人によって選出される。

24日には12年の行政長官選挙の実施と、行政長官を選ぶ選挙委 員会の定数を800人から1200人に増やす改革案も可決された。選挙委 員会メンバーは中国の中央政府が任命する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE