コンテンツにスキップする

ソフバンク社長「本気の大ぼら」、時価総額30年で世界10位

国内通信3位ソフトバンクの孫正 義社長は、30年後の2040年に同社の時価総額を現状の約75倍に相当す る200兆円程度に膨らませる意向を示した。25日の定時株主総会後に孫 社長が「本気の大ぼら」として発表し、その時点で世界企業で10位以 内にする。

孫社長は過去の企業史からして時価総額は、世界で最も必要とされ る企業を示す基準だと説明し、情報革命で人々を幸せにすることを最大 の目標とする観点から10位以内を目指す方針を示した。実現のための 具体策は示していない。同社長は昨年の株主総会で、今年が創業30周 年であることから「次の30年分の大風呂敷」となる長期ビジョンを今 総会で示すと予告していた。

ブルームバーグ・データによると、25日終値ベースでのソフトバン クの時価総額は2兆6792億円。過去最高は「ネットバブル崩壊」前の 2000年2月に付けた20兆0093億円(終値ベース)。孫氏が現時点での 世界首位として挙げた米エクソンモービルの現時価総額は2822億ドル (約25兆2600億円)。

孫氏はまた、ソフトバンクを「300年間成長し続けるかもしれない 企業」にすることが自分の役割だとも強調。7月に「300人の生徒」を 集めて孫氏の後継者育成機関を設置することも明らかにした。ソフトバ ンク社員270人と外部の人材30人で構成し、孫氏自身が毎週授業を行 う。現在約800社あるグループ企業数を30年後に5000社まで増やす方 針も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE