コンテンツにスキップする

アジア株:下落、サムスン電子が安い-米企業利益見通しに失望感

25日午前のアジア株式相場は下落。 MSCIアジア太平洋指数がここ4日間で3度目の下げとなっている。 米企業の利益見通しが予想を下回り、米経済成長に対する懸念が高ま った。

米州の売上高が全体の27%を占めるキヤノンは、クレディ・スイ ス・グループによる投資判断引き下げを受けて下落。ソウル市場では サムスン電子が1.8%下げた。世界最大の鉱山会社、オーストラリア のBHPビリトンは1.4%安。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後零時4分現在、前日比

0.9%安の116.01。米住宅販売の減少で景気回復ペースに対する投資 家の信頼が揺らぐ中、同指数は今週0.1%下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE