コンテンツにスキップする

ポルトガル、財政赤字削減で「高い実績」-財務省のコスタピナ次官

ポルトガル財務省のカルロス・コ スタピナ次官は、同国政府は財政赤字目標を達成できるとの見通しを 示した。ギリシャの債務危機後に借り入れコストが上昇したものの、 目標達成を確信しているという。

コスタピナ次官は24日、ブルームバーグテレビジョンのインタ ビューに応じ、ポルトガルは財政赤字削減で「高い実績がある」とし、 「財政再建で多大な取り組みを行っており、資金調達ニーズにも対応 している。市場の混乱に見舞われており、当然ながら、今回の危機の 影響にも苦しんでいる」と述べた。

社会党のソクラテス政権は、初めて政権を取った2005年に国内 総生産(GDP)比6.1%だった財政赤字の水準を07年には同2.6% に縮小した。ただ、09年にはユーロ圏で4番目に大きい財政赤字を報 告しており、その削減に再び着手する必要がある。

ポルトガルやスペインの債券のドイツ国債に対する利回り上乗せ 幅(スプレッド)が急拡大したことを受け、ギリシャの危機波及阻止 を目指して欧州連合(EU)は先月、7500億ユーロ(約83兆円)規 模の支援策で合意し、欧州中央銀行(ECB)は国債買い入れを表明 している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE