コンテンツにスキップする

ジャンク債ファンドへの資金流入が3月来最高、心理改善で-EPFR

ジャンク(高リスク・高利回り) 債ファンドへの資金流入が3月初旬以来で最大となったことが、調査 会社EPFRグローバルの調べで分かった。高リスク資産に対する投 資家心理の改善が寄与したという。

同社が25日、電子メールで配布した発表資料によると、23日終 了週のジャンク債ファンドへの純流入額は11億ドル(約985億円)。 同社が調査する債券ファンド全体では25億8000万ドルの純流入と なった。

EPFRは資料で、ジャンク債ファンドへの資金流入は「米国の 超低金利が年内続くとの認識と、新興市場に対する投資家心理の改善 が後押しした」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE