コンテンツにスキップする

深海掘削の凍結解除延期求める米政府の訴え退ける-地裁判事

深海掘削の一時凍結措置を解除す る判断を下したニューオーリンズの米連邦地裁判事は24日、解除命令 の執行延期を求める米政府の申し立てを退けた。

同地裁のマーティン・フェルドマン判事は22日、メキシコ湾で発 生した米史上最悪の原油流出事故を受けてオバマ大統領が命じた深海 掘削の一時凍結措置を解除する判断を下していた。政府は23日夜、上 級審への控訴の意向を示すとともに、同判事に解除命令の執行延期を 求めていた。

フェルドマン判事は24日、2010年6月22日の判断の際に示した のと同じ理由で政府の申し立てを退けると説明。同判事は、掘削の一 時凍結は広範囲に及び過ぎており、石油会社に取り返しのつかない損 害を与えるとの見解を示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE