コンテンツにスキップする

日系自動車の中国工場が操業再開へ動く、部品工場のスト一段落(訂正)

中国で部品工場の従業員ストライキ 続発を受け、日系自動車メーカーの現地生産に影響が出ていたが、スト 終結などで操業再開への動きが相次いでいる。

ホンダの広東省広州市の車両2工場が24日から操業再開。日産自 動車は、広報担当の米川満氏によると、広州の工場で23日夜に生産の 遅れが出ていたが、24日は通常稼働している。トヨタ自動車の広州の車 両工場は来週早々の操業再開に向けて準備を進めている。

中国の部品工場に関しては、日本発条グループの広州にある部品工 場でストが22日夜に始まり23日朝から操業を停止していたが、23日夜 にストが終結し、24日から通常稼働。ホンダや日産自の現地工場に部品 を供給している。

デンソーグループの広州の部品工場は21日からのストで操業を停 止していたが、生産・出荷を一部で再開した。労使交渉は続いている。 トヨタの現地工場に部品を供給している。

--取材協力:Liza Lin Editors:Kenzo Taniai, Eijiro Ueno

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 岩谷多佳子 Takako Iwatani 81-3-3201-2083 tiwatani@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

井上 加恵 Kae Inoue +81-3-3201-8362 kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE