コンテンツにスキップする

英中銀:欧州ソブリン債危機で不安定化リスク増大-金融安定化報告

イングランド銀行(英中央銀行) は25日公表した半期金融安定化報告で、欧州のソブリン債危機によ って英金融システムの不安定化リスクが増大しており、英銀は不意の 事態に備えて資本増強が必要だと指摘した。

同報告は、「ギリシャの問題が他の国々や市場に急速に波及したこ とは、世界の金融システムに断層が根強く存在することを浮き彫りに した」とした上で、「英銀は多くの難題に直面しており、困難な状況に おいて回復力を維持する必要がある」と強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE