コンテンツにスキップする

ホンダ:燃費改善の「アコード」、8月に米国発売-現代自と競争激化

ホンダは米国が求める燃費基 準と同国市場で激化する韓国のヒュンダイモーターカンパニー(現代 自動車)との競争に対応し、最も人気の高い車種「アコード」の燃費 を改善する。

ホンダの米現地法人、アメリカン・ホンダ・モーターはウェブサ イトに掲載した文書で、8月に投入する4気筒エンジン搭載の2011 年型「アコード」セダンとクーペの燃費性能は、市街地走行時が1ガ ロン当たり推定23マイル(約37キロメートル)、高速走行時は同 34マイルで、それぞれ21マイルと31マイルから改善すると発表 した。同社の広報担当、クリス・マーティン氏は、合わせた燃費は1 ガロン当たり27マイル(27mpg)になると述べた。

米エネルギー省のウェブサイト資料によると、現代自の11年型 「ソナタ」セダンとトヨタ自動車の11年型「カムリ」の燃費はいず れも26mpgで、アコードはこれを上回ることになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE