コンテンツにスキップする

NY銅先物:反発-米景気回復の強さ示す経済指標を好感

24日のニューヨーク銅先物相場は 反発。今週3回目の値上がりとなった。この日発表の米経済指標で、 住宅統計が示唆したよりも米景気は力強い可能性が示されたことを好 感した。

輸送用機器を除く5月の米製造業耐久財受注額は前月比0.9%増 と、この4カ月で3回目のプラス。先週の米失業保険申請件数は減少 した。世界的な景気回復は鈍化しつつあるとの見方から、銅相場は今 年9.6%値下がりしている。

シティグループのアナリスト、デービッド・サーテル氏(ロンド ン在勤)は「マクロ経済情勢に昨年ほどの強さがなく、欧州などでは 景気回復がいくらか後退した。ただ、わたしはやや強気という姿勢を 維持している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物9月限は前日比6.95セント(2.4%)高の1ポンド=3.024ドルで 終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE