コンテンツにスキップする

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。米国の新築住宅販売が過去最低水準に落ち 込んだことや原油安が響いた。

昨年の収入の20%を北米で得た英銀HSBCホールディングス (5 HK)は1.5%安。沖合石油探査で中国最大手の中国海洋石油 (Cnooc、883 HK)は1.9%下落。ペトロチャイナ(中国石油、 857 HK)も1.1%安。

格付け会社フィッチ・レーティングスが中国の銀行の資産の質劣 化を警告したことから、同国の交通銀行(3328 HK)は1.9%安と なった。

IGインベストメントで運用に携わるティム・レオン氏は「まだ 難しいものがある」として、「米国の力強い経済成長の持続を支える ような強いデータはあまりない」と指摘した。

ハンセン指数は前日比123.12ポイント(0.6%)安の

20733.49で終了。一時は0.2%高まで上げていた。43銘柄中、下 落は27銘柄、上昇は14銘柄、2銘柄が変わらず。ハンセン中国企 業株(H株)指数は前日比0.7%安の11935.95。

米商務省が発表した5月の新築一戸建て住宅販売は前月比33% 急減し、30万戸と1963年の集計開始以来の最低に落ち込んだ。減 少率も過去最大だった。

フィッチは、2008年終盤以降の融資拡大加速によって、中国の 銀行が信用リスクにさらされる度合いは高まり、将来の資産の質劣化 は「ほぼ確実」になったと指摘した。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は続落。メディア業界の整理統合 が迫っているとの見方からメディア株は買われたものの、世界経済の 成長がもたつくとの懸念で資源株が下落した。

中国石油化工(Sinopec、600028 CH)は0.6%、宝山 鋼鉄(600019 CH)は0.5%それぞれ下落。5月の米新規住宅販売 件数が統計開始以来の最低に落ち込んだほか、米連邦準備制度理事会 (FRB)が22、23日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、 欧州の債務危機が米国の経済成長に打撃を与える可能性について言及 したことが響いた。チャルコ(中国アルミ、601600 CH)や江西銅 業(600362CH)なども値下がりした。

一方、陝西広電網絡傳媒(600831 CH)は5.1%高。中国政府 が25日に放送局・通信網などの統合計画に関する詳細を発表すると 上海証券報が伝えたことが好感された。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比3.13ポイント(0.1%)安の2566.75で 取引を終えた。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数 はほぼ横ばいの2757.50。

浙商証券のストラテジスト、ワン・ウェイジュン氏は「欧米の経 済の健全性には疑問が残っており、それが中国の成長見通しに影響し ている」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が下落。 一時上昇したものの、その後値を消した。世界の景気回復の強さに対 して懸念が再燃する中、高リスク資産からの資金引き揚げが進んだ。

売上高の約20%を欧州から得ているソフトエアサービス企業、 タタ・コンサルタンシー・サービシズは2週間ぶり大幅安となった。 米住宅と欧州製造業に関する経済統計で欧米の景気拡大ペースが減速 するとの見方が強まった。国内2位の銀行、ICICI銀行は1.6% 下げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比25.70ポイン ト(0.1%)安の17730.24で引けた。一時は0.5%まで上げた。

タタ・コンサルタンシー(TCS IN)は1.6%安の773.45ルピ ー、ICICI銀(ICICIBC IN)は885.70ルピーで終了。

【オーストラリア株式市況】

オーストラリア株式市場では、ASX200指数が下落して引けた。 ただ、資源株は上昇。豪ドルも対円で3日ぶりに上昇に転じた。首相 交代で政府が提案した資源税が修正される可能性があるとの観測が浮 上した。

炭鉱会社マッカーサー・コールや鉱物探査会社リバーズデー ル・マイニングなど資源株が高い。ラッド前首相は2012年からの 40%の資源税導入を計画、英豪系資源大手BHPビリトンやリオ・ ティントなどの批判を受けて、支持率が落ち込んでいた。ギラード新 首相はこの日、鉱山会社との交渉に前向きな姿勢を示した。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・マ ネジメントの投資市場調査責任者、スティーブン・ハルマリック氏 (シドニー在勤)は、「新首相が資源税をめぐる交渉により積極的だ というのが現時点での想定だ。鉱山業界の負担がこれまでの提案より 軽い税制になるかもしれない」と述べた。

ASX200指数は前日比6.4ポイント(0.1%)安の4479.7。 資源株指数は1%高。豪ドルは1豪ドル=78円53銭と、前日の78 円49銭から上昇した。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比14.05ポイント(0.8%)高の

1739.87。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比7.74ポイント(0.1%)高の7589.89。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比23.44ポイント(0.8%)安の2847.61。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比3.83ポイン ト(0.3%)安の1325.87。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比13.33ポイント(1.7%)安の793.19。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比10.70ポイント(0.4%)安の

2914.09。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比9.00ポイント(0.3%)安の

3333.97。

Editor: Akiyo Kinoshita

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE