コンテンツにスキップする

アジア株:総じて上昇、豪新首相の就任で鉱山株に買い-BHP高い

24日のアジア株式相場は総じて 上昇。オーストラリアのギラード新首相は、ラッド前政権が提案した 鉱山会社の利益に対する課税を撤回するとの観測から資源株が買われ た。一方、日本の輸出関連株は値を下げた。

世界最大の鉱山会社、豪BHPビリトンは1.3%高。ギラード新 首相が資源税の交渉に前向きな姿勢を示し、好感された。豪石炭会社 を昨年買収した中国のエン州煤業は香港市場で1.9%上昇。北米での 売り上げが全体の約28%を占めるトヨタ自動車は日本の輸出株の下 げを主導した。5月の米新規住宅販売件数が統計開始以来の最低に落 ち込んだことが響いた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後4時12分現在、前 日比0.1%高の117.14。過去2日間では1.8%下げていた。日経平 均株価は同4円64銭(0.1%)高の9928円34銭で取引を終えた。

IGインベストメントで運用に携わるティム・リョン氏(香港在 勤)は「米経済が失速していると結論付けることは難しいが、力強い 成長が続いていることを示す強材料もあまり多くない」と指摘。ギラ ード豪新首相については「資源会社に対して当初案よりも寛大だろう」 とし、「市場は変化を期待している」と述べた。

-- With assistance from Kana Nishizawa and Akiko Ikeda in Tokyo. Editors: Darren Boey, Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Anna Kitanaka in Tokyo at +81-3-3201-8140 or akitanaka@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE