コンテンツにスキップする

H&M:3-5月期は24%増益-仕入れ価格下落が寄与

欧州衣料小売り2位、スウェーデ ンのヘネス・アンド・マウリッツ(H&M)の2010年3-5月(第 2四半期)決算は、純利益が前年同期から24%増加した。仕入れ価格 の下落が寄与した。

H&Mの24日発表によると、純利益は52億1000万クローナ(約 604億円)と、前年同期の41億9000万クローナから増加した。ブ ルームバーグがまとめたアナリスト13人の予想平均は51億7000万 クローナだった。

H&Mは欧州とアジアを中心に約700の仕入れ先から商品を購 入しており、独自の工場を保有していない。粗利益率は65.9%と、 前年同期の61%から上昇した。

3-5月期の売上高は前年同期比2%増の270億クローナ。アナ リスト22人の予想では277億クローナだった。5月の売上高は6% 増加したものの、既存店売上高は4%落ち込んだ。6月1-22日の売 上高は22%増となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE