コンテンツにスキップする

ECB総裁:現在の状況は微妙、「信頼性ある措置」が必要になる

欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁は、各国政府は財政健全化に向けた「信頼性のある措置」を実 行する必要があるとの見解を示した。

同総裁はイタリア紙レプブリカとのインタビューで、「現在の状況 の微妙さは信頼性のある措置を必要とする。これは非常に重要だ。分 散していこうとする道筋を修正するために、必要だ」と語った。イン タビューの内容はECBのウェブサイトに掲載された。トリシェ総裁 は「持続可能な財政政策が回復を堅固なものとするのに貢献するだろ う」と付け加えた。

さらに、現在各国が取っている財政緊縮措置が景気停滞をもたら すことはないとの見解を示した。インフレ期待は「驚くほどよく抑え られている」と続けた。ユーロが危機にあるかとの問いに対しては「極 めて信頼性の高い通貨だ」と答えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE