コンテンツにスキップする

NZの1-3月GDP:前期比0.6%増-4四半期連続成長

ニュージーランド(NZ)の2010 年1-3月(第1四半期)の経済成長率は、輸出の伸びを背景に4四 半期連続で拡大した。これを受けてニュージーランド準備銀行(中央 銀行)が2カ月連続で利上げに動く可能性が出てきた。

NZ統計局が24日発表した国内総生産(GDP)は前期比0.6% 増加。ブルームバーグがエコノミスト14人を対象に行った調査の予想 中央値と一致した。09年10-12月(第4四半期)は前期比0.9%増へ 上向きに改定された。

過去30年で最悪のリセッション(景気後退)を経験したNZで 景気の回復局面が2年目に入る中、NZ中銀は今月、3年ぶりの利上 げに踏み切った。中国では人民元の弾力性強化の方針を受けてNZ産 の木材や乳製品など外国製品への需要が高まる公算があり、NZの成 長は加速する可能性がある。

ウエストパック銀行のチーフエコノミスト、ブレンダン・オドノ バン氏(ウェリントン在勤)は統計発表前に、「商品相場の高騰を追い 風に、輸出が明らかに景気回復をけん引している」と指摘。「企業が雇 用を増やし始めるほど信頼感は十分高い状態を維持している。ただ、 家計は支出よりもバランスシートの改善を優先している」と語った。

ウェリントン時間午前10時49分(日本時間同7時49分)現在、 1NZドル=0.7129米ドル。GDP発表前は0.7131米ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE