コンテンツにスキップする

TOPIX続落、米国不安と円高で輸出売り-不動産支え

東京株式相場は、TOPIXが小 幅に3日続落。相次ぐ住宅関連統計の低調などで米国経済の先行き不 透明感が強まったほか、為替相場が1ドル=89円台の円高方向で推 移、収益の先行き懸念から自動車やゴム製品など輸出株の一角が売ら れた。金利敏感業種の銀行や保険株も安い。

一方、直近の下げで割安感が台頭し、不動産やその他金融など内 需関連株が上昇。医薬品や陸運といった景気動向の影響を受けにくい ディフェンシブ業種も堅調だった。長期金利が約7年ぶりの水準に低 下したことは、不動産をはじめ負債が相対的に多い業種にはプラスと なった。

TOPIXの終値は前日比1.07ポイント(0.1%)安の879.77。 日経平均株価は同4円64銭(0.1%)高の9928円34銭と3営業日ぶ りに小反発となった。

りそな銀行の戸田浩司チーフ・ファンド・マネジャーによると、 「足元の企業業績はハイピッチで回復しており、足元で20倍割れの 市場平均PER(株価収益率)は割安に見える」という。しかし、世 界的に財政緊縮の方向が強まっていることを考えると、「年後半にか けて企業の収益環境が急変する可能性もある。半信半疑の状態で、積 極的には買いに動けない」と話していた。

FOMC声明、米住宅統計の低調続く

米連邦準備制度理事会(FRB)は22-23日に開いた連邦公開 市場委員会(FOMC)会合で、欧州の債務危機が米国の経済成長に 打撃を与える可能性について言及。FOMC声明は、「金融の状況は 総じて経済成長を支える方向性を弱めており、これは主に国外の展開 を反映している」と指摘した。

このほか、米商務省が発表した5月の新築一戸建て住宅販売(季 節調整済み、年率換算)は前月比33%減少し30万戸と、1963年の集 計開始以来の最低に落ち込んだ。減少率も過去最大、エコノミストの 予想中央値は41万戸だった。

外国為替市場では、景気減速に対する逃避先として円を買う動き が先行。東京時間24日は1ドル=89円台後半、1ユーロ=110円台 後半で推移する時間帯が長かった。円は対ドルを中心に前日比で円高 方向に振れた。収益への影響を不安視し、時価総額上位では信越化学 工業、TDK、トヨタ自動車、コマツなど輸出株の一角が下げた。

大台割れでは割安さ意識

一方、日経平均の日足チャートは16日に「ダブルボトム(Wボ トム)」を形成し、目先は先高観を抱く市場参加者が少なくないほか、 「心理的節目の1万円を割り込む場面では、割安感も意識されやすい」 と、東洋証券情報部の檜和田浩昭ストラテジストは言う。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の308回債利 回りはこの日、前日比2.5ベーシスポイント(bp)低い1.14%と、 2003年8月以来の低水準を付けた。「返済負担や調達コストの低減期 待から、不動産などの金利敏感業種が物色された」と、大和証券キャ ピタル・マーケッツ金融証券研究所の西村由美次長。個別では住友不 動産、三菱地所、オリックスなどが高い。

このほか、世界的な景気の先行きに不安が根強い中、投資資金は ディフェンシブ業種に向かい、エーザイ、アステラス製薬、JR西日 本といった医薬品、陸運株が上昇。

週末に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で、世界経済 の落ち込み回避に向けた協調が議論されるとの期待も、相場全般を支 えた。東洋証の檜和田氏は、「G20では欧州を中心とした財政赤字問 題と同時に、世界景気の二番底回避に向けた議論がなされる公算が大 きい」と指摘。G20諸国・地域で問題意識が共有されれば、「その後 財政や金融面での協調が加速するとの期待感もある」と話していた。

売買代金低調、利ざや縮小懸念で銀行安い

午前の東証1部の売買高は概算で15億1503万株。売買代金は1 兆313億円でかろうじて1兆円台は維持したが、今月14日以来の低 水準に落ち込んだ。業種別33指数はガラス・土石製品、ゴム製品、 輸送用機器、銀行、その他製品、鉱業、鉄鋼など20業種が下げ、不 動産、その他金融、医薬品、精密機器、水産・農林、海運、陸運、建 設、卸売など13業種が上昇。騰落銘柄数は下落791、値上がり711。

個別では、金利低下による利ざや縮小の連想から三菱UFJフィ ナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループなどの銀行株 が下げ、第一生命保険など保険株も軟調。前日午後に急伸したシキボ ウ、ダイワボウホールディングスといったインフルエンザ関連銘柄が 反落。エー・アンド・デイ、ソースネクスト、日本電産トーソク、新 日鉄ソリューションズなどが東証1部の下落率上位に並んだ。

半面、債権回収会社から債務免除を受ける見通しになったサンシ ティがストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)。米アップルの新型携 帯電話「iPhone4」がきょうから発売開始となり、国内販売代行のソ フトバンクが買われ、積極的なテナント誘致などが寄与し、3-5月 期の連結純利益が前年同期比3.5%増となったイオンモールも上昇。

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前日比0.1%安の52.19 と小幅続落。東証マザーズ指数は0.3%高の411.56、大証ヘラクレス 指数は0.8%高の628.40とともに3営業日ぶり小反発。セブン銀行、 インフォコム、日本風力開発、大阪証券取引所が安い。半面、上期は 連結純利益が前年同期比2.5倍になる公算が大きい、と24日付の日 本経済新聞朝刊で報じられたガンホー・オンライン・エンターテイメ ントが急伸。スタートトゥデイが4日連続で上場来高値を更新した。

新規上場2日目を迎えたパピレスは、公開価格2700円の2.3倍 に当たる6140円で初値を付けた。終値は6080円。大証ジャスダック にこの日上場したトータル・メディカルサービスの初値は、公募価格 と同じ4200円。終値は3915円。

-- Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE