コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-BNYメロンのシャンカー氏

BNYメロンの為替グループのマ ネジングディレクター、サマルジット・シャンカー氏は、23日の米 連邦公開市場委員会(FOMC)声明について以下のようにコメント した。連邦準備制度理事会(FRB)は22-23日に開いたFOMC で、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を 「長期にわたり」ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。

◎FOMC声明の投資家への影響:

「FOMCが政策金利を長期にわたり異例の低水準で維持すると あらためて表明した事実は、差し迫った引き締めへの不安を和らげた」

「現行の非常に支援的な金融政策を持続するよう、FRBにさら に猶予を求めていた投資家には支えになりつつある。リスクテークに プラスと受けとめられており、実際に株式やユーロもこれに支えられ ている」

「政策当局者が金融市場に存在する現実の問題と距離を置いてい ないという事実が投資家を元気付けている」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE