コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-ミラー・タバクのグリーンハウス氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は22-23日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、政策 金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を「長期にわ たり」ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。カンザスシティ ー連銀のホーニグ総裁は4会合連続で反対票を投じた。これについて の市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ミラー・タバクの主任経済ストラテジスト、ダン・グリーンハウス 氏:

「ハト(景気重視)派的な金融当局だ」

「ディスインフレの空気が広がり、失業率が10%近い状況では、 金融当局が引き締めを正当化するのは極めて難しいだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE