コンテンツにスキップする

カナダ・ドル:下落、予想を上回る小売売上高の低下で-国債は上昇

23日の外国為替市場でカナダ・ド ルは対米ドルで下落、約3週間ぶりの大幅な下げとなった。同国の小売 売上高がエコノミスト予想を5倍上回る急速な低下を示したのが手掛か り。カナダ国債相場は上昇した。

23日にカナダ統計局が発表した4月の小売売上高は前月比2% 低下と、2008年12月以来で最大の下げとなった。ブルームバーグ・ ニュースの調査でエコノミストの予想中央値は同0.4%低下だった。

バンク・オブ・モントリオールの外国為替ディレクター、マシュ ー・ペリエ氏(トロント在勤)は電話インタビューで「どう転んでも良 い結果とは言えない」とした上で、「予想以上に小売売上高が弱かった ことで、現時点ではカナダ・ドルに対する米ドルの強気基調が勢いを増 しており、先週の米ドル高に戻っている」と説明した。

カナダ・ドルは一時、前日比で最大1.6%安と、日中の取引ベー スでは今月4日以来、最大の下げとなったが、トロント時間午後4時 18分(日本時間24日午前5時18分)現在は1米ドル=1.0390カナ ダ・ドル(1カナダ・ドル=0.9625米ドル)。前日は1.0296カナダ・ ドルだった。

カナダ国債市場で2年物国債(表面利率1.5%、2012年6月償還) 利回りは9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下して1.60 %、価格は17セント高の99.81カナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE