コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-イートン・バンスのスタイン氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は22-23日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、政策 金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を「長期にわ たり」ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。カンザスシティ ー連銀のホーニグ総裁は4会合連続で反対票を投じた。これについて の市場関係者のコメントは以下の通り。

◎イートン・バンス・マネジメントの運用担当者、エリック・スタイ ン氏:

「4月の前回会合以降、リスクが高まっていることは明らかだ」

声明は「米金融当局が2010年から11年にかけて政策金利を据え 置くことを明確に示している」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE