コンテンツにスキップする

FOMC:市場関係者のコメント-ネーションワイドのバルー氏

米連邦準備制度理事会(FRB) は22-23日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、政策 金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を「長期にわ たり」ゼロ近辺にとどめる方針をあらためて示した。カンザスシティ ー連銀のホーニグ総裁は4会合連続で反対票を投じた。これについて の市場関係者のコメントは以下の通り。

◎ネーションワイド・ミューチュアル・インシュアランスのシニア・ バイス・プレジデント、ポール・バルー氏:

「3、4カ月前よりもやや暗いトーンだ」

「景気回復に関しては1-3月(第1四半期)よりもやや本格的 な警告があった」

「要するに、FRBは2011年にかけて金利を早期に動かす理由 はないということだ。今の景気回復には向かい風が強い。その状況は 続くだろうが、かなり振れが大きいだろう。FRBとしては、静観す ることは悪くない考えだ」

「当局は慎重に言葉を選んでいる。言葉が行動と同じぐらい重要 な環境にある。景気回復の進展に満足しているシグナルを示そうとし ているものの、回復が逆風に直面している事実も認めている。当局は ひどく楽観的な表現には聞こえないよう意図している」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE