コンテンツにスキップする

米ナイキ3-5月:53%増益、売上高は予想下回る-株価下落

運動靴メーカー世界最大手、米ナ イキの2010年3-5月(第4四半期)決算は、前年同期比53%の増 益となった。同社の主力市場である北米での売り上げ増が寄与した。 ただ、全体の売上高は市場予想を下回り、決算発表後の時間外取引で 株価は下落している。

ナイキの23日の発表資料によると、純利益は5億2190万ドル(1 株当たり1.06ドル)と、前年同期の3億4140万ドル(同70セント) から増加。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト17人を対象にまと めた予想平均では、1株利益は1.06ドルと見込まれていた。

同社は、新興国市場への事業拡大によって成長鈍化を補ってきた。 マーク・パーカー最高経営責任者(CEO)は、向こう5年間で40% 超の増収を目指す計画が成功するかどうかの鍵は、中国とインド、ブ ラジルで拡大する中間所得層が握っているとの見方を先月示した。北 米売上高は4%増の18億ドルとなった。

6-11月に納入予定の同社製運動靴・アパレルの受注額は為替変 動の影響を除いて前年同期比10%増加した。ブルームバーグがまとめ た5人のアナリストの予想平均は8.1%増だった。

全体の売上高は8%増の50億8000万ドルと、アナリスト予想の 51億5000万ドルを下回った。

決算発表後の時間外取引で、米東部時間午後4時17分(日本時間 24日午前5時17分)現在、ナイキ株は1.52ドル下落し71ドルを付 けている。通常取引終値は前日比6セント高の72.52ドル。年初来で は9.8%上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE