コンテンツにスキップする

英国債:小幅高、10年債利回り3.43%-緊急予算案への反応は良好

英国債相場は小幅高。10年債 利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下 の3.43%となった。これは前日付けた昨年10月14日以来の低水 準まで1bp未満の水準。2年債利回りは1bp下げ0.76%。

オズボーン財務相は、前日発表した緊急予算案への産業界や投資 家、格付け会社の反応について、赤字削減に向けた「信頼し得る」計 画であると示唆していると語った。ムーディーズ・インベスターズ・ サービスは、英予算案は財政再建に向けた「重要な一歩」であり、同 国の最高格付けを支えるとの見解を公表した。

みずほコーポレート銀行の欧州ヘッジファンド営業責任者、ニー ル・ジョーンズ氏(ロンドン在勤)は「市場は見聞したことに満足し ている。オズボーン財務相は、格付け会社からの信頼獲得と、景気の 二番底回避の間でぎりぎりの政策をとっている。同相は正しい措置を 講じたと思う。これらの対策がどのように実施されるかを見極める必 要がある」と語った。

英国債の年初来のリターン(投資収益率)はプラス5.3%と、米 国債の4.8%を上回るパフォーマンスとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE