コンテンツにスキップする

BHPやリオ・ティントの株価が上昇、ラッド豪首相の発言に反応

23日の米株式市場で英・オー ストラリア系資源大手のBHPビリトンとリオ・ティントの株価が上 昇。鉱山会社への増税を提唱しているラッド豪首相が党首班を維持で きない可能性があると述べたことが背景。

ニューヨーク時間午前8時29分現在、BHPは前日比2%高の

69.52ドル。リオ・ティントは3%上昇の51.40ドル。

ラッド首相は5月2日、資源関連企業への新たな課税となる「資 源超過利潤税」の導入を提案。今月1日には、この40%の税率は 「適切」だと述べていた。こうした企業が税金を公正に負担していな いことを理由に挙げた。同首相は23日、この計画に反対する鉱山業 界との「常識的で、バランスの取れた」合意を模索する意向を示した。

ラッド首相はこの日の記者会見で、自ら率いる党の一部からの支 持を失ったと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE