コンテンツにスキップする

新生銀:12年度の純利益320億円目標、コアに資源集中-計画

新生銀行は2013年3月期に純利益 で320億円、自己資本比率は10.2%を目標とする中期計画を発表した。 個人、法人部門とも収益の見込める業務などに経営資源を集中する。個 人では資産運用や住宅ローン業務を強化する一方、法人では投資業務を 縮小し、資産の売却などを進める。

同行は不良債権処理やノンバンク事業の不振により2期連続で 1400億円を超える最終赤字を計上。計画していたあおぞら銀行との合併 見送りに至った。当麻茂樹新社長ら新経営陣の下で業績回復を目指す。 同行は公的資金注入行。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE