コンテンツにスキップする

ウォール街の道路標識:1050万円で落札-1920年の爆発生き延び

英クリスティーズが22日、マンハッ タンで開いたオークションで、かつてニューヨーク証券取引所(NYS E)に近いウォール街とブロード街の交差点に設置されていた磁器製の 道路標識が11万6500ドル(約1050万円)で落札された。

入札は4万8000ドルからスタートし、価格はすぐに9万5000ド ルまで引き上げられた。標識は電話による入札者が落札。予想価格は6 万-8万ドルだった。

オークション会場にいたカリフォルニア州在住の希少科学書籍・文 書ディーラー、ジェレミー・ノーマン氏は「非常に目を引く品だ。米国 の金融業のシンボルの1つだ」と述べた。

この標識を出品したケビン・レッシン氏は米メリルリンチの元トレ ーダー。ニューヨークの記念品収集家の財産を整理していたディーラー から約25年前に買い取った。

標識は、コバルトブルーの背景に白い文字で上側に「ブロード」、 下側に「ウォール」と記された2枚の陶器製の板でできている。街路名 は鋳鉄製の枠で囲まれている。レッシン氏の調査では、標識は1925年 ごろに取り外されたことが示唆されている。

この標識は、1920年9月16日にウォール街で爆発があり38人が 死亡、100人以上が負傷した際にも立っていた可能性がある。クリステ ィーズ(ニューヨーク)の書籍・文書部門の責任者、トーマス・レッキ ー氏によると、標識の一部に小さな穴が開いており、この時の爆発の痕 跡とみられる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE