コンテンツにスキップする

中国の北京市:高排出車両廃棄への補助金、支給期間を年末まで延長

中国の北京市は、公害対策とし て、高排出車両の廃棄に対する補助金を年末まで延長する。

北京市政府のウェブサイトによると、当初期限が5月31日だっ た同補助金の支給総額は4億3600万元(約58億円)に上り、高排 出車両11万3300台が廃棄された。

自動車所有者の増加と工業化に伴い公害が悪化していることから、 中国政府は大気汚染物質の制限に取り組んでいる。中国国家情報セン ター(SIC)によれば、同国の都市の約44%は大気質基準が5段 階中の3か、それよりも汚染が進んだ状況となっている。同基準は1 が最もクリーンな大気を示し、3は「やや汚染された大気」、5は 「深刻に汚染された大気」を表す。

公害を削減し、石油への依存度を低減するため、中国は昨年から 排気量1.6リットル以下の小型車購入に補助金を支給している。

--Tian Ying and Huang Zhe. Editors: Gregory Turk, Ian Rowley

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-8141 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Beijing at +86-10-6649-7571 or ytian@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Kae Inoue at +81-3-3201-8362 or kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE