コンテンツにスキップする

米政策金利、11年半ばまで過去最低に据え置き-アバディーン予想

米連邦準備制度理事会(FRB) は政策金利を2011年半ばまで過去最低水準に据え置くと、アバディー ン・アセット・マネジメントは予想している。欧州ソブリン債危機の 影響で経済成長が鈍化し、インフレが抑制されるためだという。

債券担当グローバル責任者のポール・グリフィス氏(ロンドン在 勤)は「市場は明らかにインフレとデフレの間で不安定な状態になっ ている」と指摘。ただ、インフレは「現段階では主要な懸念ではない」 と語った。

ブルームバーグのエコノミスト調査では、今月22、23両日の米連 邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利は0-0.25%のレンジと過 去最低に維持されると見込まれている。

グリフィス氏は23日、シドニーでインタビューに応じ、欧州の緊 縮財政措置がインフレリスクを抑制し、各中央銀行に対する利上げ圧 力を軽減しているとの見方を示した。その上で、「来年半ばごろにはF RBの引き締め開始が見られると予想している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE